中間管理職のスキルアップが求められている

経営の中核を担い、業績や人材育成に大きな影響を与える「中間管理職」のスキルアップを図ることは、結果として組織の強化に繋がります。役職の中でも難しい立場にあり、部署の社長という役割を担っていることも理解しなければなりません。管理職の実務に目を向けると共に、能力強化の重要性をお伝えします。

結果を出せるのは役割設定型

管理職には、一般的に「放任型」「管理型」「役割設定型」という3つのタイプが存在します。「放任型」とは文字通りリーダーが部下に仕事を任せっぱなしにすることで、これでは上手くいかないのが当然です。「管理型」とは、訪問数や案件など一定の管理基準を設定し、この基準をしっかり管理すれば上手くいくと考えるリーダーです。しかし、適切な手段が選択されているかは不明瞭であり、実際には成果に結びつかないケースも少なくありません。

中間管理職として成果を出せるリーダーは、社員をチームで動かし役割を分担する「役割設定型」です。目標達成に向けた方針をリーダー自らが定めた上で、チームの社員全員に徹底させます。一人ひとりの個性を把握した上で役割を付与し、進捗状況を定期的にチェックしながら、適切な指導・支援を行っていくのです。

中間管理職は社長である

「役割設定型」のリーダーと社長を比べてみると、実は両者とも同じ内容を実施していることが分かります。社長はまず企業全体の目標を決めた上で、その目標を達成するための経営方針やビジョンを明確にします。次に社内で組織を形成し、それぞれに役割を与えます。そして定期的な会議で進捗状況を把握し、追加の指示を出していきます。このように自らの役割を理解し、組織を上手く運営している中間管理職は、まさに特定分野の社長であるといえるでしょう。

中間管理職は自分が部署の社長であるという気概を持ち、リーダーとしての責任を全うすることが重要になってきます。
社員研修・管理職研修を通して管理者の役割を再確認し、マネジメントスキルやコーチングのノウハウを学ぶことをおすすめします。

札幌市中央区に所在する当社では、札幌市の中小企業様に向けた社員研修を承っております。札幌市内のクリニックを対象とした社員研修や、パーソナルコーチングなどのサービスも提供していますので、お気軽にお問い合わせください。